公衆浴場の足拭き場やサウナ等にいる水虫

水虫というと原因となる白癬菌が蒸れたブーツの中や毎日使う革靴の中などにいて、それが皮膚に付いてしまうことで発症するというようなイメージが一般的に広まっています。
またスリッパの使い回しや水虫に感染している家族がいる状態で足ふきマットを兼用するなども避けるべきだとされています。
しかし案外見落とされがちなのが「公衆浴場」での感染です。
これは公衆浴場の湯船の中に白癬菌がいるというわけではありません。
実際のところ湯船の中にもいることはいるのですが、水中にどれだけいても人の皮膚に定着することが出来ない以上は湯船で感染することはまず無いのです。
ですがチェックするべきとなるのは公衆浴場の中でも湿度の高いサウナや足拭き場といった場所です。
公衆浴場である以上はさまざまな人がそこを利用しているわけですが、現代社会では5人に1人が水虫に感染していると言われる時代です。
公衆浴場に来ているお客さんの中に水虫の人がいない確率の方が小さいわけです。
そのため公衆浴場でサウナに出入りしたり、足拭き場で足を拭いたりといったことをすると、白癬菌が皮膚に付いてしまうリスクが非常に大きいと言えます。
特に足拭き場で足に白癬菌が付いてしまった場合、その直後に靴下などを履くわけですから皮膚に付いた直後に繁殖に最適な環境が用意されるということになります。
ではどのようにすれば公衆浴場での感染を防げるのかというと、まず重要なのは浴場を出る前には一度足をしっかり洗うことです。
せっけんを付けて洗えば皮膚に付いた白癬菌はほとんど落とすことが出来ます。
そして足拭きマットを使う場合はなるべく濡れているところは使わないようにし、可能なのであれば自分のタオルで足を拭くといったようにした方が良いでしょう。
水虫は少し気を抜いてしまうとあっという間に感染してしまいますから、普段から注意をしておくことが大切なのです。