うつる水虫は市販薬のみで完治できる?

うつる皮膚病の代表格といっていいくらい、水虫は多くの方が悩んでいいる皮膚感染症の1つです。
日本では5人に1人が水虫経験者というデータがあるほど、身近な皮膚病と言われています。

皮膚がじゅくじゅくとただれたように剥けたり、赤みを帯びた小さな水泡ができるといった症状の他に、多くの場合激しい痒みを伴う症状を起こすのが特徴です。
白癬菌というカビの1種が皮膚の角質層に、感染する事によって発症します。
なぜ、水虫はうつると言われているのかというと、菌によって引き起こされる皮膚病だからです。

角質は古くなると肌の新陳代謝によって自然と剥がれ落ちる仕組みです。
水虫感謝の剥がれ落ちた角質の中には、白癬菌が含まれています。
その角質を踏んでしまうと白癬菌が皮膚に取り付き、水虫を発症してしまう恐れがあるのです。

ですので、家族などに水虫患者がいるという場合、床やカーペット、マットなどを介して白癬菌がうつるケースがあるので注意しましょう。
もし、症状を感じたら市販薬で対処する事もできます。
ドラッグストアには様々なメーカーから、色々なタイプの水虫市販薬が販売されています。

従来の軟膏やクリームタイプの他に液状やスプレータイプなど、テクスチャーの違う市販薬が取り揃えられているので、症状が出ている部位や症状によって使い分ける事ができます。

ただ、皮膚病の中には水虫と似たような症状を引き起こすものがあるので、皮膚がジュクジュクしたり水疱ができているからといって、一概に白癬菌が感染しているとは限りません。

他の皮膚病だった場合、市販薬を使用する事によって症状が悪化してしまう事も考えられます。
まずは白癬菌に感染していないかどうか、皮膚科で検査を受ける事からはじめてみましょう。